株式会社と合同会社の違いとは?

会社を設立するときによく「株式会社と合同会社は何が違うの?」と聞かれることがあります。
私は、「小さい規模の会社であればほとんど同じですよ」とお答えしますが、あえて言うと以下の点が違う、と付け加えます。

・設立費用は合同会社のほうが14万円くらい安くなる。

・役員の肩書きが、株式会社の場合は「取締役・代表取締役」ですが、合同会社の場合は「有限責任社員・代表社員」になる。
 
・役員の任期は株式会社では会社法で最大10年までと決まっていますが、合同会社は制限がないので定款で自由に決めることができるので、任期を無制限とすれば定期的に任期満了による役員変更の登記手続をする負担がなくなる。

・会社に対する権利について、株式会社でいう「株式」は、合同会社では「持分」と呼ばれます。株式会社では株式を持っていても会社の役員である必要はないですが、合同会社では持分を持っている人は必ず会社の役員になる。つまり「持分を持っている人=会社の役員(有限責任社員など)」です。

こう説明していくと、「合同会社のほうがいい」という結論になりがちですが、やはりまだ「合同会社」という名前が一般的ではないので株式会社という名称にしたいという理由から株式会社を選択される方が多いです。やはりビジネスにおいては顧客や取引先といった世間的なイメージは大事ですからね。

他にも「合同会社の場合は、法人も役員になれる」(株式会社では人しか役員になれない)といった違いがいくつかありますが、細かいことを言えばきりが無いので以上の4つの点を踏まえておけばだいたいは大丈夫だと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※コメントはチェック後反映されます。ただし、誹謗中傷は許可できませんので、ご了承ください。

ページの一番上に戻る