遺言が特に必要な場合とは?

遺言書を書いておく理由はそれぞれですが、特に遺言が必要なケースをあげてみます。

・相続人が仲が悪かったり疎遠なとき
特に説明するまでもないですが、例えば血縁関係が複雑なケースが考えられます。夫が再婚を繰り返していて血縁関係が違う複数の子がいたり、前の妻のこと夫が亡くなったときの妻の間などでは感情的になりやすく遺産争いが起こる危険があります。残された家族のためにも遺言でちゃんと財産をどのようにわけるか決めておかないといけません。

・相続人以外に財産を分ける場合
法律上籍を入れていない夫婦、つまり内縁の配偶者は相続人ではないので遺言書で財産を渡すよう書いておかないとまったくもらうことができません。その場合でもし夫に子供がいなければ財産はすべて夫の兄弟にいくことになります。仮に兄弟と疎遠でしかも仲たがいしているような場合でも法律上相続人となるので内縁の妻は保護されません。

・子供がいない場合
夫婦間で子供がいない、夫が死んだ場合妻が財産をすべて相続できるでしょうか?答えはもし夫に兄弟姉妹がいれば妻の相続分は4分の3で兄弟姉妹が残りの4分の1を分け合うことになります。相続財産が現金のみの場合はわりと簡単にわけることができますが、不動産があったりすると分けるのも大変です。そのため「全財産を妻に相続させる」といった内容や「不動産は妻に相続させ残りの金○○円を妻○○円、兄弟にはそれぞれ金○○円づつ相続する」といったような遺言を考える必要があります。

・相続人がいない場合
相続財産は国にいってしまします。
国に財産が入ってしまうくらいなら仲が良い人やお世話になった人やどこかの団体に寄付をしたいのであれば遺言書に書いておく必要があります。

「わが家に限ってもめることなんてない」との考えから遺言書を残さないという方も多くいると思いますが、残された家族にとっては遺言できめてもらわないと困ることもあります。後に残された家族に対する最後の思いやりとして遺言の作成をぜひご検討ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※コメントはチェック後反映されます。ただし、誹謗中傷は許可できませんので、ご了承ください。

ページの一番上に戻る