外国人を雇う場合 ~資格外活動について~

「資格外活動、不法就労により、外国人を雇用した経営者が逮捕」というニュースがたまにあります。

国際化にともないこれから外国人を雇用する事業主も増えてくるかと思いますが、まず何をすればよいのでしょうか?

外国人が日本で適法に滞在するためには、滞在目的に合わせた27種類の「在留資格」を取得している必要がありますが、日本の大学に勉強しにきた「留学」の在留資格を持つ留学生が勉強以外にコンビニや飲食店でアルバイトをするためには「資格外活動」となるので、その場合は「資格外活動の許可」を取っていなければなりません。

もし外国人留学生が面接にきたら、まずは「資格外活動許可証」の確認をしないといけないので、面接時に「在留カード」と「パスポート」のふたつを持ってきてもらいましょう。

在留カードの確認方法としては、「在留期間が満了していないか?」、「資格外活動許可欄に許可(原則週28時間以内・風俗営業等の従事を除く)」と記載があるか?」です。念のため忘れずにコピーも取りましょう。
もし、資格外活動の許可を受けていなかった場合には入国管理局での申請が必要になるので、許可を受けるまで働けないのでご注意ください。

また、留学生によって、「在留カード」でなくて「外国人登録証」という身分証明書を持っていることがあります。「外国人登録証」には資格外活動許可欄がないので、その場合はもし「資格外活動許可」を持っていればパスポートの中のページに「資格外活動許可」と書かれたシールが貼られてますのでこちらをご確認ください。

その他、資格外活動で留学生を雇う場合の注意点は以下になります。

・アルバイト時間は週28時間以内(例外あり)

・バーやキャバクラなどアルバイトが禁止されている業種あり

以上の点を外国人の採用時にご確認ください。

そして外国人を雇用した場合や外国人が離職した場合は,氏名、在留資格などについてハローワークへの届出が必要です。入国管理局への届出は不要です。
届出の対象となる外国人の範囲は、在留資格「外交」「公用」以外の外国人で、また「特別永住者」も届出の対象になりません。

なお届出方法については、外国人が雇用保険の被保険者かどうかで様式、届出先、届出期限が違ってきますのでご注意ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※コメントはチェック後反映されます。ただし、誹謗中傷は許可できませんので、ご了承ください。

ページの一番上に戻る