スナック・ニュークラ等のお店の図面作成

接客を伴うスナックやパブ、ガールズバー、ニュークラやラウンジのお店の始める際の風俗営業許可申請のため提出する図面の作成はなにかと大変です。
もし初めて自分で一から作成しようものなら何度も修正が求められるかもしれません。
また、建築事務所に図面作成を頼んでも、警察署が風営法許可用に求める図面は建築士さんが作るものと求めるものが違ったりするのでせっかく作ってもらった図面が使えないこともあり注意が必要です。

テナントのビルによっては風営法許可申請用に図面を提供してくれるところもありますが、図面が微妙に間違っていたり、店内の内装がかわっていることもあるので、いざ警察署に申請に行ってもなかなかすんなりと認められないケースが意外と多いと聞きます。

まず提出する図面ですが平面図、求積図、設備図、フロア図、周辺の地図を提出しなければなりません。

平面図は基本の図面になります。店内の配置を正確に図面にしないといけませんが、ソファー、椅子、テーブル等の形状・サイズも図面上に記載しなければいけません。
また、ボックス席の間仕切りやカウンターの高さは1m未満でなければなりません。未満なので、1mちょうどではダメです。もし間仕切りやカウンターがあれば図面の中に高さを表記しておくとよいでしょう。

求積図では店内の総面積と客室の面積を測り図面化しなければなりません。特に客室の面積はどこからどこまでが客室になるのかを考えてから図面化しないと後で申請の際に担当官から指摘され図面を作り直すことになりかねません。客室面積についての考え方は、自分で思っているものと風営法で定められているものとは違っている可能性があるので事前に確認が必要です。なお、店内の総面積は内法か壁芯どちらかで面積を求めなければなりません。

設備図については、照明・モニター・スピーカー・カラオケ等の設備についての表記が必要です。それぞれの位置やワット数やインチ数等の詳細を記載する必要があります。

フロア図は申請する店舗の階の中でどの位置にお店あるかを記載するもので、同じ階にある他のお店の位置も記載します。

周辺の地図は、店舗のあるビルから半径100m以内の住宅地図をプリンントしたものを
提出します。グーグル地図等でプリントしたものを提出しても認められないことがありますのでご注意ください。

警察署に何度も通わなければならないのでどうぞ当事務所にお任せください!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※コメントはチェック後反映されます。ただし、誹謗中傷は許可できませんので、ご了承ください。

ページの一番上に戻る