古物商の許可が必要なケースとは?

古物商許可証

古物営業をするには古物商の許可をしゅとくしなければいけません。

でもそもそも古物って何?

古物とは一度使用された物品や使用されない物品で使用のために取引されたもののことです。またこれらの物品に幾分か手入れをしたものも古物となります。
ちょっとわかりずらいですかね・・・。

このような物品を頻繁に営業目的で仕入れたり売ったりする場合は古物商の許可が必要です。ただ自分が使うため購入したものをいらなくなったからネットで売るような場合は営業目的とはみなされにくいので古物商の許可はいらないでしょう。

ではどのような場合に古物商の許可が必要なのかもう少し具体例で考えてみましょう。

例① 古物市場で古物を買い取って自分の営業所で販売する場合には古物商許可は必要ですか?

回答 古物市場で古物品を買い取る場合にも「買い取り」に該当するので古物商の許可は必要です。

例② 無償で古物を引き取って、修理して販売する場合には必要か?
 
回答 古物の売却のみを行う場合は許可はいりません。
   例では無償で引き取っているので、たとえ修理して販売していても「買受け」を行っていないので古物商の営業許可はいりません。ただ、わずかでも代金を支払って引き受けている場合は古物商の営業許可が必要です。

例③ インターネットオークションを開設する場合も古物商の許可は必要ですか?

回答 はい必要です。古物の売買をしようとする人たちのあっせんを競りにより行う営業となり古物営業法の3号営業と
なります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


※コメントはチェック後反映されます。ただし、誹謗中傷は許可できませんので、ご了承ください。

ページの一番上に戻る