相続遺言

遺留分とは 

遺留分は一定の相続人に認められた「最低保障」のようなもののことです。 遺言書を作成する時点では、財産の分け方について制限や決まりはほとんど設けられていないので「自分が分けたいように、好きに決めてよい」というのが原則です。…

続きを読む...

遺言が特に必要な場合とは?

遺言書を書いておく理由はそれぞれですが、特に遺言が必要なケースをあげてみます。 ・相続人が仲が悪かったり疎遠なとき 特に説明するまでもないですが、例えば血縁関係が複雑なケースが考えられます。夫が再婚を繰り返していて血縁関…

続きを読む...

ページの一番上に戻る