合同会社設立

合同会社

平成18年5月の法改正により、新たに合同会社が設立できるようになりました。 株式会社と違って会社の機関設計が柔軟で設立費用も安く済むので、規模の小さい会社に 向いている会社です。
主なポイント

  • 設立の費用が株式会社よりも安い!(定款の認証が不要・登録免許税も安いため)
  • 出資者と経営者が必ず一致しているので、組織運営がシンプル!
  • 法人が出資して社員になることができる!
  • 決算公告は不要!役員の任期の定めも不要!
  • 出資比率に関係なく、利益の分配が可能!

また、合同会社は、株式会社と同様に、法人としてのメリットを受けることができます。

主なメリット

  • 取引上で、個人事業よりも信用度が高くなり、事業が進めやすくなります。
  • 社長の給与も経費にできて、節税効果があります。
  • 社員は有限責任のため、個人事業よりもリスクが低くなります。
  • 許可や届出を法人として行えば、経営者が変わっても変更の届出をすれば事業を継続することが できます。

当事務所にご依頼された場合、ご自身で設立するより1万5千円お安くなり、経費削減ができます。(電子定款を利用するので、定款に貼る収入印紙代4万円がかからないためです)

ご自分で設立したときの費用 当時事務所で設立したときの費用
収入印紙代 40,000円 収入印紙代 0円
登録免許税 60,000円 登録免許税 60,000円
当事務所の報酬 0円 当事務所の報酬 20,000円
合計100,000円 合計80,000円

〜「登記は自分てやりたい」で、さらにお安く!〜

設立登記をご自身でされる場合はさらに5,000円お安くなり、よりお得になります。 (注)なお、設立登記の添付書類は当事務所が作成いたします。

お問い合わせフォームへ

「起業支援」の関連情報を探す

お探しの情報は見つかりましたか?どうぞ、こちらの記事もお役立てください。

ページの一番上に戻る