NPO法人設立

NPO法人

NPO法人とは?
NPO法人は、「特定非営利活動促進法」に基づき、都道府県や指定都市の認証を受けて設立された法人のことをいいます。
NPOとは営利を目的としない組織のことでボランティア活動が多いですがNPOとボランティア活動は同じではありません。NPO法人が行政や民間企業と一緒になって活動を行っている場合もあります。行政や民間企業では気づかなかったり実施するのが難しい社会貢献活動等をNPO法人が市民の代表として行っていることがあり、社会の中で今後もNPO法人の活躍が期待されています。

NPO法人の20種類の分野

① 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
② 社会教育の推進を図る活動
③ まちづくりの推進を図る活動
④ 観光の振興を図る活動
⑤ 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
⑥ 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
⑦ 環境の保全を図る活動
⑧ 災害救援活動
⑨ 地域安全活動
⑩ 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
⑪ 国際協力の活動
⑫ 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
⑬ 子どもの健全育成を図る活動
⑭ 情報化社会の発展を図る活動
⑮ 科学技術の振興を図る活動
⑯ 経済活動の活性化を図る活動
⑰ 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
⑱ 消費者の保護を図る活動
⑲ 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
⑳ 前各号に掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は指定都市の条例で定める活動

NPO法人設立までの流れ

①設立趣意書・定款・事業計画書・収支予算書を作成 
   ↓
②設立総会を行う
   ↓
③所轄庁と打ち合わせを行い設立認証申請書を作成する
   ↓
④所轄庁に設立認証申請を行う
   ↓
⑤所轄庁が広告・縦覧
 (受理後2ヶ月間提出した書類が一般に公開されます)
   ↓ 
・認証・不認証の決定
 (決定まで受理後3~4ヶ月くらいかかります)   
   ↓ 
・設立登記申請
(認証後2週間以内に設立登記します)
   ↓ 
・登記が完了
 (登記申請から7~14日で登記が完了します)   
   ↓
・官公署に各種届出
 (税務署等に法人設立届を提出します)

審査期間が4ヶ月かかるため、NPO法人設立には最低4ヶ月の時間がっかります。
NPO法人設立認証書類はA4用紙で30~40枚くらいにおよび、定められた基準に満たした書類を提出しなければ認証が下りません。申請が受理されるためには、作成した書類が基準を満たしているか役所の担当者にチェックしてもらうことになります。

初めて書類作成する場合や慣れていない場合、手引きどおり作成したとしてもかなり訂正されることになり、苦労して書類を作成しても訂正のため何度も役所に行くことになるでしょう。最近では、NPO法人の認証基準が厳しくなってきていると言われていますので書類を作成する際に要件確認等注意が必要となります。

NPO法人設立代行費用

NPO法人設立全部お任せプラン

費用:120,000円(税別)
当事務所のサポート内容
□NPO法人設立申請書類の作成及び申請
□NPO法人登記申請書類の作成及び申請
(登記申請は提携の司法書士が行います)
□所轄庁への届出

書類作成プラン

費用:70,000円(税別)
□NPO法人設立申請書類の作成
□NPO法人登記申請書類の作成

お問い合わせフォームへ

「起業支援」の関連情報を探す

お探しの情報は見つかりましたか?どうぞ、こちらの記事もお役立てください。

ページの一番上に戻る