相続手続き

相続手続

相続問題に関すること
遺産相続は思いがけずにやってきます。

それぞれのケースに応じて、遺された遺族は相続手続きの対応をしなければなりません。

まず、相続財産には、不動産、預貯金、株式、売掛金債権、もしくは借入金や各種ローンなどの借金や保証人となった場合の保証債務も含まれるため、財産全部をひっくるめて相続するか、相続財産を放棄するか判断する必要があります。

また、相続人が誰になるのかを調べ相続人を確定させます。

そして、預貯金や不動産などの名義変更が必要なときは、相続人全員が参加して遺産分割協議書を作成する必要があります。

相続をスムーズに行うためには法律的な知識はもちろんのこと関連する各種手続きを知る必要がありますので、どうぞお気軽にご相談ください。

以下のことでお困りなら、当事務所がサポートいたします

  • 遺産分割協議書の作成
  • 相続人調査
  • 戸籍調査(行方不明相続人など)
  • 相続財産調査代行
  • 公正証書遺言の証人引き受け

「相続遺言」の関連情報を探す

お探しの情報は見つかりましたか?どうぞ、こちらの記事もお役立てください。

ページの一番上に戻る