遺言書の作成・指導

遺言書
遺言書はご自身でも簡単につくれます。
にもかかわらず、
「自分だけでは不安なので専門家に見てもらいたい」「アドバイスがほしい」というお声をよく耳にします。そんな方のために、当事務所では「相談無料」であなたのお悩みをサポート。

しかも、札幌市内「出張無料」で対応、あなたの遺言書作成をリーズナブルにサポートします。

遺言についてお考えの方はもちろん、少し考えてみたいという方も、まずはお気軽にお問合わせいただき、お話しください。

お話ししていく中で、お考えがまとまっていくことが多く、その中でご納得いく遺言書作成のお手伝いができたら幸いです。

遺言書の種類

① 公正証書遺言

公正証書遺言は、本人が公証役場に出向き、証人二人以上の立会いのもとで、遺言の内容を話し、公証人が筆記します。

そして公証人は、記録した文章を本人と証人に読み聞かせたり、閲覧させたりして、間違いないかを確認し、署名・捺印します。

なお、相続人になる可能性のある人は証人になることができません。 平成23年の公正証書遺言の作成件数は年間約8万件となっており、25年前と比較すると約2倍になっていて、利用する方は年々増えております。

[公正証書のメリット]

  • 無効になる恐れが少ない
  • 紛失や変造の恐れがない
  • 死後、ご家族の負担が少なくなる

[公正証書遺言のデメリット]

  • 費用がかかる
  • 内容が公証人と証人に知られる(証人には守秘義務があります)

② 秘密証書遺言

遺言書の内容が誰にも知られずに公証役場で作成する遺言です。

その内容を本人以外に知られることがなく、プライバシーを守ることができますが、本人の死後に家庭裁判所で検認の手続きが必要になります。(検認の必要がないのは、公正証書遺言だけです)

[秘密証書遺言のメリット]

  • 遺言内容を知られることがない
  • 本人の遺言であることが証明できる

[秘密証書遺言のデメリット]

  • 費用がかかる
  • 死後、遺族は家庭裁判所の検認が必要
  • 相続人間での紛争を引き起こす可能性ある

③ 自筆証書遺言

本人が自筆で書いたものです。必ず自分で書く必要があり、ワープロや代筆は認められません。

[自筆証書遺言のメリット]

  • 費用がかからない
  • 内容を完全に秘密にすることができる

[自筆証書遺言のデメリット]

  • 相続人間でトラブルが起きやすい
  • 死後、発見されない可能性がある
  • 遺族は家庭裁判所の検認が必要

お問い合わせフォームへ

「相続遺言」の関連情報を探す

お探しの情報は見つかりましたか?どうぞ、こちらの記事もお役立てください。

ページの一番上に戻る